自分に合った学生ローンの審査方法を見つけるのが最も効率的です

学生ローンの申し込みを受けるときには、申し込みの際には審査を必ず受けることになりますが、受ける方法は申し込みの形態によって色々と異なることがわかりました。
先ずは申し込みの際ですが、私が色々な融資の申し込みを行った結果で、大きく分けて実際に店舗や無人契約機などに足を運び申し込みを行う方法と電話やネット・郵送などを使い申し込みを行う方法とで2つの方法に分けられるのが解りました。
足を運んで申し込む方法は実際に申し込みを行う際の注意事項などを聞きながら申し込みを行うことができるのでそれほど注意点はありませんが、それ以外の申し込みにおいては若干の注意事項が必要な場合があります。

郵送時での申し込みにやってしまった失敗

先ず私は平日に仕事を行っているのと、休みの日にはあまり時間を取りたくないということで郵送による申し込みを行ってみました。
申込用紙自体はコンビニや銀行などに用意されているのと、仕事の終わった後に気軽に申し込みを行うことができるのが魅力と感じたからです。
いざやってみると申込用紙の中にある一定の注意事項等が書かれていたりするので非常にわかりやすく申込みを行うことができました。
ですが、後日審査結果の電話の時に学生証などの身分証明書のコピーが添付されていないという事で、再び送り直した失敗をした事があります。

ちなみに今はネットから申し込みできるおすすめの学生ローンがありますので、郵送の心配は無用になりました。

電話やネットでの申し込みの注意事項

その次には電話やネットでの申し込みをすることにしました。
電話やネットで申込みを行う際には、自分自身に関することや収入状況などにも関することなどの色々な事を聞かれることになります。
これらの事は全て電話やネット上のことで事足りるのですが、ここでも申込みを全て終えたあとに学生証やバイトの収入証明書などの特定の書類が必要になってきます。
これらの申し込みのときに書類を送るのはFAXやEメール添付を行うことになるのですが、私の場合はそう言ったものが用意していなかった為にコンビニを利用し書類を送ってみました。

前もって書類の送付方法を確認しておきましょう

どの申込みを行うにしても学生ローンの申込みを行う際には審査時に書類の提出が義務付けられます。
これは銀行系でも消費者金融系のどちらの申込みを行うにしても必ず必要になってくることです。
事実、私が行った申し込みには例外なく書類の提出がEメールやFAXなどで確認しなければいけなかったからです。

必ず必要な申込書類の送付を確実に行いましょう

多くの金融機関では申し込みを行う際には、書類の送付に行う際には携帯のEメールでも良いというところが結構増えてきています。
ですが、私は以前に携帯のEメールにて送ろうとした時に、容量オーバーで送れなかったことがあります。
なので出来るのならPC経由の送信やFAXなどを揃えておくのが効率の良い手段だと感じました。